新しい教育ツールのかたち

遠隔授業だってできる!

インターネット環境によってより便利になった一つの学習形態として、遠隔授業という形態があります。
スマートフォンやパソコンを持っており、インターネットに接続することで、遠く離れた場所で行われている授業をリアルタイムでどこでも受けることができるというものです。
CDROMなどの教育ツールの利用によっても授業を受けることはもちろん可能ですが、インターネット利用により、リアルタイムでの授業参加も可能となったのです。現代ではインターネット環境も充実してきており、ますますこの形態は普及するでしょう。
リアルタイムで授業を受けているため、気軽に質問を送ることができるような授業もあります。遠隔授業は教育ツールの進化に合わせてどんどん発展しているのです。

自分のペースで学習

インターネットを利用した教育ツールとして、学習支援アプリが挙げられます。
例えば、学習計画アプリ。自分の学習計画をアプリに登録しておくことで、スマートフォンに必要な通知がきたりする仕組みがあったりします。きちんと計画通りに学習ができたときには、アプリでチェックして、達成感も得られるというような様々な仕組みがあります。
また、今では遊びながら学習できるような様々な教育ツールとしてのアプリも登場しています。
RPGゲームのように、問題を解くことで敵を倒していくようなアプリなどです。
こういった教育ツールの登場によって、「学習は楽しいもの」という認識を広げることにもつながっています。より手軽に、楽しく学習ができる教育ツールとして、学習アプリは非常に大きな存在であるといえるでしょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ