ニーズに沿った教育ツールが必要!

学校教育におけるICT教育

テクノロジーの導入によって、今や学校の教室内にタブレット端末などがあることもおかしくはありません。小学校中学校でもそのような状況が増えてきており、ICT教育が活発化してきているといえます。
こういった教育ツールの普及によって、生徒のネット利用についての教育も同時に行うことができます。
ネット社会といわれる現代において、ネットリテラシーを学ぶということは非常に重要です。ネット社会であるからこそ、子供たちのためのネットリテラシー教育が必要であり、ICT教育ツールによってその教育も可能となるのです。
企業でいう業務マニュアルなどは、学校教育でいう教科書などにあたりますが、これらの電子化によって、必要な情報をすぐに検索したりすることなどができるようになります。

大学教育におけるアプリ利用の例

現在、専用のアプリを学生に利用してもらい、学内の様々なサービスを利用できるようにしている大学があることはご存知でしょうか。
大学におけるシラバスや年間予定をネットからも確認できる、ということは現代においてはほぼ全ての大学において行われていますが、アプリを利用している大学はまだ少ないでしょう。
アプリを利用することによって、その大学の情報を効率よく手に入れたりすることができたりします。情報配信という点については、現代においてすっかり普及しているLINEを利用している学校もあります。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスを利用する大学も多く、スマートフォンやパソコンなどによって、必要な情報をいつでもどこでも見られるような時代になりつつあるのです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ