人材育成のために求められていることとは?

新しい人材をつくる!学校や企業で導入されている教育ツール

ニーズに沿った教育ツールが必要!

教育ツールとは、その分野における人材育成を効率よく行うためのツールです。企業における作業マニュアルなどがそれにあたります。 現代では、ICT(情報通信技術)活用したツールなどもどんどん登場しており、学校教育にもどんどん取り入れられています。 どういったツールがあるのか、このサイトで紹介していきます。

教育ツールってどんなもの?

教育ツールといっても、その形態は実に様々です。教育や企業だけではなく、あらゆる分野のニーズに沿った教育ツールが求められています。
そもそも、教育ツール利用の目的とは、効率良く人材育成を行うためですが、その人材育成において、「どんな人材を育成するか」ということ、その目的に沿った教育ツールを用いることが重要です。
企業であれば、現代において非常に多様性のあるそれぞれの企業にとって、求められる人材にも当然多様性が見られます。
様々な目的に合わせた教育ツールの開発によって、人材育成における時間短縮が可能となり、人材育成の効率が上がるのです。
また、どの分野においても、教育ツールを用いない場合、教える人によって教育内容に差が出たりするといった事態が起こってしまう可能性があります。例えば企業において、社員が上司に何かを教えてもらうとき、上司Aに教えてもらった内容と、上司Bに教えてもらった内容に差がある場合、教育の効率がぐーんとさがってしまいます。
このサイトでは、現代における教育ツールの必要性、意義についてを解説していくとともに、教育ツールの種類、有り方などについてを分野ごとに解説していきたいと思います。
また、ICT(情報通信技術)の発展により、現代日本における教育ツールはどんどん進化を遂げています。この進化によって、より多様なニーズに沿った教育ツールが登場していくでしょう。現代における新しい教育ツールのあり方にもせまっていきたいと思います。

企業の教育ツールに求められるもの

企業においては、教育方法をマニュアル化することによって、効率よく人材育成を行うことができます。また、マニュアルに則った人材育成により、「上司Aと上司Bに教えてもらった内容が違う」というような事態もなくなります。 そんな教育ツールについて具体的にみていきましょう。

新しい教育ツールのかたち

すでに教育分野、企業分野にもとりいれられているICT(情報通信技術)による教育ツール。このように教育ツールの種類が増えてきている現代において、その利用方法、利用目的の幅も広がってきています。 このサイトではそのあり方についてもみていきたいと思います。